Sep 192013
 

【講習1】- 床

■床のモデリング(Poliline, ExtrudeCrv)

floar01 1F

floar02 2F

floar04
・本来は根太+床板だが、今回のモデリングでは根太は省略する
・1階床材厚さ:110mm
・2階床材厚さ:150mm
・参考:E棟平面図(A-22)

PolyLine ポリライン pl link
ExtrudeCrv 押し出し(閉じた平面曲面から) extc link

 

【演習1】
■森アトリエの床作成


【講習2】- 小屋組

■小屋組のモデリング(Rectangle, ExtrudeCrv, Box, Copy, Rotate)

roofbeem00   roofbeem03
・小屋束 断面寸法 150mm * 150mm
・小屋梁 断面寸法 150mm * 250mm
・小屋束 長さ(高さ) 1100mm
・参考:E棟断面図(A-39)

Rectangle Rectangle 長方形 rec link
ExtrudeCrv 押し出し(閉じた平面曲面から) extc link
Box 直方体 b link
Copy 複製 co link
Rotate 2D回転 ro link

 

【演習2】
■森アトリエの小屋組作成


【講習3】- 屋根、棟木

■屋根のモデリング(Polyline, ExtrudeCrv, Rotate)

roof0
・Polyline外周線をドラフティングしておく
・ルーフトップの座標 2F梁上面から+1,790mm (=基礎下面から+7,590mm) (=GL+7,340mm)
・屋根厚さ:200mm

roof1
・ExtrudeCrv(※コマンドエリアで「方向」を指定(z軸に水平))で屋根面を押し出し

roof2
・Rotate(※コマンドエリアで「コピー」を「はい」に指定)で4面をコピー

roof3  roof4
・参考:E棟断面図(A-39)
・参考:仕様断面図(A-40)

PolyLine ポリライン pl link
ExtrudeCrv 押し出し(閉じた平面曲面から) extc link
Rotate 2D回転 ro link

 

■棟木のモデリング(Rectangle, Rotate3D, ExtrudeCrv, Box, Split)

001
・Rectangle、Rotate3Dで外周線をドラフティングしておく
・棟木材 断面寸法 150mm * 150mm

002
・ExtrudeCrvやBoxコマンドで押し出しにする
・先に作成してあった屋根の下部に移動する

003  003_2
・Splitコマンドなどで小屋組に合うように切り欠く

004  005
・参考:E棟天井伏図(A-28)

Rectangle Rectangle 長方形 rec link
Rotate3D
(コマンド右クリック)
3D回転 ro3 link
ExtrudeCrv 押し出し(閉じた平面曲面から) extc link
Box 直方体 b link
Split 分割 sp link

 

【演習3】
■森アトリエの屋根、棟木の作成


【講習4】- トップライト

■トップライトのモデリング(Polyline, ExtrudeCrv, Offset, Rotate3D)

toplight
・上図のような断面形状のトップライトを作成する
・トップライト厚さ(Offset) 50mm

toplight01   toplight02

・参考1:E棟立面図(1)(A-33)
・参考2:E棟立面図(2)(A-34)
・参考3:E棟断面図(A-39)

PolyLine ポリライン pl link
ExtrudeCrv 押し出し(閉じた平面曲面から) extc link
offset Offset オフセット of link
Rotate3D
(コマンド右クリック)
3D回転 ro3 link

 

【演習4】
■森アトリエのトップライト作成


【講習5】- 軒先

■軒先(Polyline, ExtrudeCrv, Offset)

water01   water02
・厚さ 5mm
・軒の出 120mm
・参考1:E棟断面図(A-39)
・参考2:仕様断面図(A-40)

PolyLine ポリライン pl link
ExtrudeCrv 押し出し(閉じた平面曲面から) extc link
offset Offset オフセット of link

 

【演習5】
■森アトリエの軒先作成


【提出】
①本日の授業まで作成出来た森アトリエのモデルパース
・A3横使いの紙面でプリントアウトしたものを提出すること
・図面名、氏名、学籍番号を記入すること
・提出締切 第五回授業開始時(2013/10/25(Fri))

②本日まで作成したRhinoモデルファイル
・ファイル名(すべてローマ字小文字で)「131025_(学籍番号)_(名前).3dm」例)131025_0000000_takagi.3dm
・takagi[at]000studio.com宛に提出すること
・提出締切 第五回授業開始時(2013/10/25(Fri))
※ファイルの容量が大きくなることが予想されます。メールに直接添付すると高確率で弾かれるので、下記のようなwebストレージサイトを利用し、ダウンロードリンクをメールに貼り付けてください。
・firestorage:http://firestorage.jp
・宅ファイル便:http://www.filesend.to
・データ便:https://www.datadeliver.net
(上記方法でのファイル提出が確認されたらば、高木から提出確認のメールを提出者に直接送付します。)

・提出例:

model3

 Posted by at 9:15 am

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>